So-net無料ブログ作成
検索選択

13人の刺客 [映像]

幕末に命を燃やした男たちのイキザマを、「クローズZERO」シリーズの三池崇史監督が圧倒的なスケールリアリティを追求した本格時代劇エンターテインメント大作として、この秋、スクリーンに放たれる。島田新左衛門役には役所広司、将軍の弟・松平斉韶には稲垣吾郎、新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛に市村正親、他にも山田孝之、伊勢谷友介、伊原剛志、そして、松方弘樹、松本幸四郎など豪華キャストが集結。そしてベネチア映画祭で上映され絶賛をあびたことから再び注目されている。

もともとはじめての本作品は、東映京都撮影所製作、工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演により、1963年(昭和38年)12月7日に封切られた。実録タッチの作風による集団抗争時代劇として有名。約30分に及ぶクライマックスの13人対53騎の殺陣シーンは、時代劇映画史上最長とされる。

ストーリーを詳しく書くと興がそがれるから適当にはしょるが、要は江戸時代に箸にも棒にもかからなす暴君がいて、たまりかねた家来たちがチームを組んでその主君たちを壊滅させるという、実にスカッとする話である。1963年の作品では13人対53人になっているが、最新の2010年作品では13人対敵軍が200人になっている。なにせ1作目のキャストにして片岡千恵蔵里見浩太朗嵐寛寿郎などそうそうたるもので、この作品だけでもすでに力が入れられたのがわかる。2010年作品もキャストについては劣るところがない。ストーリー的には悩むところもない、ただ主人公たちと同じように憤り怒りに身を投じればいい。そしてそのあとで感じるむなしさを得ればよい。時代劇のよさ日本映画のよさを認識させてくれるわかりやすい映画である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。