So-net無料ブログ作成
検索選択

海上保安庁の衝撃 [ニュース]

尖閣諸島沖での中国漁船衝突を巡るビデオ映像流出事件で、神戸海上保安部の職員が「自分が流出させた」と話し、逮捕の方向で捜査当局が検討を始めたことで、事件は解明に向け大きく前進した。問題の映像が投稿されたのは、神戸海保や上部組織の第5管区海上保安本部がある神戸市内の漫画喫茶(ネットカフェ)からとみられ、今後は動機や映像の入手経路などの解明が焦点となる。職員の「告白」に、海上保安庁には衝撃が走った。(毎日新聞)

ビデオの経路じたいから、当初から流出元は石垣海保か沖縄地検かとみられていた。地検ではいちはやく捜査がされ、検察関係ではないとみられる、としていた。では海保なのか、と思っていたがまだ内部調査だからなんともいえなかった。しかし神戸のマンガ喫茶が流出元のバソコンのある場所で、神戸海保の主任航海士が自供したという事実が確定したことは、どうやらこの航海士が犯人であったことは間違いないようだ。今後守秘義務違反による逮捕や、関係官庁や上司やはては大臣や首相の責任問題も問われるのだろうが、それ以前にこの犯行の動機や趣旨を明確にしなければならない。すでに以前から「よくやった」とか「犯人探しはしなくていい」といった声が多く寄せられているそうだ。私自身も、犯人の真意をただしたうえで寛大な処置はしてほしいと思っているが、まだそれは先の話。しかし流出したおかげで、みんなが真実の映像をみることができたのも事実だ。されも忘れてはならないだろう。
ナゾは、石垣や沖縄といった場所から全く関係のない神戸という海保の職員がどうして流出させられたのかということだ。他に仲間がいないのかという疑問が残る。
今年の重大ニュースに入れてもいいような事件である。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る