So-net無料ブログ作成

神奈川対埼玉 [旅]

見応えのある野球試合だつた。 関東のベスト16試合はあまりなくて、しかも両方とも強い。いい試合になるのではと思ったら、果たせるかな相模のサヨナラヒットとなつた。関東の私としてはどちらが勝っても負けても惜しい。しかし世論はどちらかといえば神奈川に味方していたようだ。これはむろん相模のスタープレーヤーに注目しているからだろう。けれど野球は一人でやるものではなく、もしこのまま相模が負けていたら何をいわれていたことだろう。負けて良かったとは言わないが、埼玉はいい負け方をしたと思う。何しろ惜しかった。それがいつものふだんの生活にも出てしまった。追いつけそうで追いつけない神奈川のレベル。 それほどたいしたレベルではないのだが。埼玉からみると相当なものとなる。今回関東のチームが強かったけれど、なぜおしなべて関東や東北のチームはどうりつ野球が強いのだろう?野球だけでなくサッカーなども強いが、そういう空気があるのだろうか。やはり空気としかいえまい。途中どんなにいい試合をしようと最後にはひとつしか残れない。それがいつも残念に思う。ふたつとも優勝とか、同率一位とかあつても不名誉にはならないだろう。このくそ暑い中、命がけでやつている野球を茶の間からあれこれ批評しつつ見ている。そして負けるとがっかりしてテレビを消す。しかし負けたチームがいてくれたから勝ったチームもあるのである。そろそろ新しい野球の表彰も考えたほうがいい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。